今後、技術革新によって、
世の中は急速に変化していきます。

この変化する社会で、世の中に価値を提供し続け、
高い所得を得続けるためには、新しい能力を開発する必要があります。
「学ぶ」力は、将来の所得を予測する上で最も有力な指標の一つ。

下記は、TEDトークは、新しい能力をいかに上手く学ぶか、
という論点について非常に具体的な示唆を与えてくれます。




【TEDトークサマリー】
下記をより詳しく学びたい方は
スピーカーの本「Learn Better ― 頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ」がオススメ。




「学ぶ」ということに対する新しい姿勢が重要
  • 従来の、「学ぶ」ということは、自然にできることだ、というスタンスでは問題がある。
    それは、「学ぶ」ことが自然にできにない状況、行き詰った状況に陥った時に、諦めることになるため。
  • ニュースマートは成長フォーカスする。

上手く学ぶための3つの基本方針

■metacognition(考えることを考える)

学んでいることを自問自答しよう。
下記のような問が重要
  • 私は本当に●●の意味を理解しているか?
  • これを友人に説明できるか?
  • 私は本当に平均以上なのか?

■Patterns(パターン、関係を学ぼう)
・学んでいる事象を他の物と関係づけよう。コネクションを探そう。
例えば、ワインであれば、単純に産地や名前を暗記するのではなく、
「なぜ、●●ワインは●●チーズとあうのか?」
などの問いかけをしよう。

・同じ事を繰り返すのはやめよう。様々な要素をミックスしよう。
例えば、クラシック音楽を学ぶのであれば、
ベートーヴェンだけではなく、モーツァルト等様々な音楽を学ぼう。
これにより、クラシック音楽というものの理解が深まる。(2つのものの関係がわかるため)

■Struggle(苦労しよう)

「読む」「ハイライトする」などの受動的で楽な方法ではなく、
ハードな学習方法を取り入れよう。

具体的には、下記のような手法
  • サマライズしよう。
  • ハイライターの使用をやめよう。
  • 自分に向かって内容を説明しよう。
  • テスト、クイズをやろう。
  • コーチを雇おう
  • アナロジーを探そう