タイの通信キャリア業界の3強のPLを
簡単に分析してみました。

3強は
AIS(ADVANCE)
DTAC
TRUE
です。

まず、売上です。

売上

ADVANCEは変わらず。
DTACは微減。
TRUEは増加。
という感じですね。

タイに住んでいると感じますが、
TRUEは非常に積極的にマーケティング活動を行っいます。
これが売上増加の要因になってそうです。

実際にマーケティング活動に予算を割いているか
売上に対する販管費率と、
販管費をみてみます。


販管費

販管費率売上高当期純利益率



ADVANCEとDTACは微減といったところでしょうか。
TRUEのの販管費は増加しています。

では、利益はどうでしょうか。
純利益

売上高当期純利益率


減少傾向にはありますが、ADVANCEの圧勝です。
DTACとTRUEは、なんとか利益を出しているという感じですね。

この利益率の差はどこから来ているのでしょうか。

TRUEの利益率が低いのは、
下記2つの理由だと思います。
・積極的な投資による減価償却費増大
・積極的なマーケティング活動費用

DTACの利益率が低いのは、
売上高が低いため、規模の経済が働かないためと思われます。
通信に必要な装置などの減価償却費及び販管費は、
多少の売上額の違いによって変わらない費用になるためです。
実際、DTACの約20%と高い水準にあります。

減価償却費はどうでしょうか。
減価償却費

減価償却費率

絶対的な減価償却費額ではDTACが一番小さいですが、
率としては一番高くなっています。
これは、売上がADVANCEの半分程度しかないことが要因です。


【総括】
上記をまとめると下記ようなイメージでしょうか。
・ADVANCE
売上、利益率を高い水準に維持するべく適度な投資、マーケティング活動を行っている。
・DTAC
迷走してそうな印象を受けました。
ジリジリと売上、利益が下がっていくものの、TRUEのように積極投資の意思決定はできない。
・TRUE
積極投資でADVANCEから業界首位の座を奪おうという勢いを感じます。

【次回のブログ】
下記の問いに答えをさせるような分析をしてみます。
・TRUEが売上を伸ばせているのはなぜか?(顧客数or単価どちらの増加、なぜ増加?)
・DTACの減価償却費率はなぜこんなに高いのか?今後、削減することはできるのか?