タイのバンコクに移住した経営コンサルタントの日記

タイのバンコクに移住した経営コンサルタントが、「タイ移住」「タイの生活」「タイのビジネス」について語る

タイでは処方箋なしで様々な薬を購入できます。

購入場所は、薬剤師のいる薬局になります。
デパートの中に入っているBoots大手薬局チェーンが安心です。
フェイクの薬とかがある可能性が少ないので。

今日は、タイの薬局で買える肥満治療薬をご紹介します。

薬の名前は、「Xenical」です。
買われる際は下記写真を薬剤師の方に見せれば簡単に買えます。

■薬の効果
この薬を服用することで、
腸からの脂肪の吸収を阻害するそうです。

吸収されなかった脂肪は、
大便として肛門を介して排出されるそうです。
紹介はWikipedia参照

■値段
21カプセル入りで、
1,335THBでした。(約4,530円)
毎食飲んだとすると、1日3カプセルなので、
一週間で4,530円になりますね。

■注意点
この薬を飲むと、
突然、おならと供に油が肛門から噴出することがあります。
しかも油なので、一度服に付くとなかなかとれません。
気をつけてください。

IMG_0784



 


自分もしくは、他人の行動を変える際に、
自分を「脅し」ていませんか?

例えば、
 タバコを辞めないとガンになるよ
 酒をやめないと肝臓病になる
 スイーツを食べると太る

このような「脅し」は行動を変えるのに有効ではありません。

「脅し」は次のような行動を引き起こします。
 ・フリーズする(問題がないと屁理屈で自分を納得させる)
 ・問題から目をそらす(大問題になるまでは)
このような反応は人間だけではなく、動物も同じ。
動物も「脅威」に遭遇すると、フリーズするか逃げる。
戦うことはあまりしない。

また、人間は、
悪い情報よりも、
良い情報について受け入れやすい。

よって、「脅し」ではなく、
「ポジティブな手法」を使うべき。

例えば、
タバコをやめれば運動能力が上がる
酒をやめれば毎朝爽快
スイーツをやめれば痩せてモテる

1.短期的な報酬
結果がすぐに表示される など
体重の減少がすぐにわかる など

2.(ポジティブな)プログレスモニタリング
もしタバコをやめれば運動能力が上がる

3.ソーシャルインセンティブ
他の人の状態と比較。
他人よりベターな結果を出したいと思える。

4.コントロールを持っている感覚

詳細は下記の動画をご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=xp0O2vi8DX4

夜にドーナッツやらアイスクリームやら食べてしまうことがあります。

この習慣を変えるために
「The Power of Habit」という下記のビデオを見てみました。
面白いので、ぜひ、見てみてください。

■サマリー
習慣には次の3つのステップがある。
1.Cue (合図)
2.Routine(行動)
3.Reward(ご褒美)

習慣を変える、作るためには、
平常心の時に、Cue、新しいRoutine、Rewardを決める。
Cueが来たら、事前に決めた通りの行動をとる。

ポイントは事前に意思決定をしておくこと。

例:ランニングの習慣を身に付ける
平常心の時に、下記を決める。
Cue 毎晩20時に会社を出て、ジムに向かう。
Routine ジムで、20分走る。
Reward 走った後に、チョコレートを食べる。
20時になったら決めた通り実行。
※ポイントは具体的に行動を決める事と、リワードをつけることで、
脳にジムで走ることは素晴らしいことだ、と思わせる。

例:クッキーを食べるのをやめる
平常心の時に、下記を決める。
Cue 15時になったら、席を立つ。
Routine 20分、ゴシップする。
Reward ゴシップがリワード。

↑このページのトップヘ