タイのバンコクに移住した経営コンサルタントの日記

タイのバンコクに移住した経営コンサルタントが、「タイ移住」「タイの生活」「タイのビジネス」について語る

タイに住んでいると、、
タイ人との結婚を検討することもあるともいます。

タイ人と結婚するとは
どの程度珍しいことなのか気になり調べてました。

■日本人の国際結婚
まずは、日本人同士の婚姻数と外国人との婚姻数を比べてみます。
平成28年(2016年)の時点で、
日本人同士 599,351件
一方が外国人 21,180件
平成28年は、約3.5%程度が国際結婚ですね。

日本人の懇親件数


外国人との婚姻件数を性別でわけてみると、
男性が日本人であることの方が2倍以上多いことがわかります。

外国人との婚姻件数内訳(日本人の性別)



■タイ人と日本人の婚姻件数
●タイ人(女性)、日本人(男性)
夫日本・妻外国の婚姻件数(国別)


国別では、
1位 中国
2位 フィリピン
3位 韓国
4位 タイ(970)
となりました。

思ったより少ないですね。

●タイ人(男性)、日本人(女性)

夫外国・妻日本の婚姻件数(国別)

タイは最下位の32件。
夫が日本人で、妻がタイ人の方が30倍多いですね。


■日本人の国際離婚
日本人の離婚件数

全体の6%が国際離婚になります。
国際結婚の3.5%と比べると高いです。


■タイ人と日本人の離婚件数
●タイ人(女性)、日本人(男性)
夫日本・妻外国の離婚件数(国別)

1位中国
2位フィリピン
3位韓国
4位タイ(525)

●タイ人(男性)、日本人(女性)
夫外国・妻日本の離婚件数(国別)
2016年は、タイは39件。

■タイ人と日本人の離婚率

現実的ではないですが、
同年の離婚数を婚姻数で割ると下記のような離婚率がでてきます。
例えば、平成28年の離婚数を平成28年の婚姻数で割る。

●夫日本・妻タイ
夫日本・妻外国の離婚率(国別)

フィリピンが圧倒的に高いですね。
タイは60%弱となっています。

●夫タイ・妻日本
夫外国・妻日本の離婚率(国別)

タイが異常に高い数値になっています。
理由は何でしょうか。。。。。

■参考データ
平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況
人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei16/index.html


【本の構成】
・タイ族国家の勃興
・マンダラ型国家の隆盛
・領域国家の形成
・シャムからタイへ
・国民国家の強化
・先進国を目指して
・試練こ超えて

【感想】
タイの歴史全体を簡潔に説明してくれる日本語の書籍はほとんどありません。
しかし、タイ王国で仕事をする上で、タイの歴史を知っていることは必須だと思います。

「物語 タイの歴史 微笑みの国の真実」は、
3時間程度でタイ王国史の概要がわかる良書だと思います。

是非、読んでみてください。

悲報です。

2018年8月末で、CITI M Visa Selectが使用できなくなります。

CITI Bankに電話で確認すると、
理由は、CITI BankとThe Mall Group(Mカード発行元)の契約が切れたため。

7月末までには、
CITI M Visa Selectの代わりのカードが皆さんに郵送されるとのこと。

愛用していたカードなので悲しいです。。。。

今後、CITI M Visa Selectと同じような特典が欲しい場合、
SCB M Visaを取得する必要があります。


今なら、4,000pointボーナスポイントが付きますので、
EmquatireやEmporiumにSCB M Visa申し込みブースが沢山あるので、
行って申し込みましょう。

カード情報の詳細はこちら
https://www.scb.co.th/creditcard/scbmlegend

↑このページのトップヘ